労働判例 国鉄鹿児島自動車営業所事件

24 業務命令-国鉄鹿児島自動車営業所事件 (最高裁平成5年6月11日判決)

「業務命令」の法理は何か、に対する判示とも言えます。「就業規則に業務命令に服従すべき旨定めているときは、その規定内容が合理的なものであるかぎりにおいて労働契約の内容となる。」の一つの明示とも言えます。

1 事件の概要
 本件バッジを着用したまま点呼執行業務に就くということに対して、懲罰報復等のために行わせることは業務命令権行使の濫用に当たる。二審も同様に、業務命令権の濫用であり違法であって不法行為にあたるとしたが、最高裁は、本件バッジを着用したまま点呼執行業務に就くという違反行為を行おうとしたものに本来の業務から外すこととし降灰除去作業に従事させることとしたものであり、職場管理上やむを得ない措置ということができ、これが殊更にAに対して不利益を課するという違法、不当な目的でされたものであるとは認められない、とされた。

事実の概要
 昭和60年7月23日、Aは点呼執行業務に従事するに当たり、バッジを着用したままこれを行おうとしたため、Yはバッジの取り外し命令を発した。
 Aがこれに従わなかったので、YはAを点呼執行業務からはずし、営業所内に降り積もった火山灰を除去する作業に従事すべき旨の業務命令を発した。これが、同日から8月30日までのうち10日間にわたって続いた。
 Aは、当該火山灰除去作業命令は違法であるとして、Yに対して慰謝料の支払を求めた。

2 地裁・高裁の見解
 一審の鹿児島地裁は、火山灰除去作業は、労働契約上の義務の範囲内に含まれるものであるが、かなりの肉体的苦痛を伴うものであるから合理的理由もなくそれを行わせたり、懲罰報復等のために行わせることは業務命令権行使の濫用に当たる。

 二審の福岡高裁宮崎支部も、一審判断を踏襲し、要旨、次のとおり判決した。
(1) 降灰除去作業は、Aの労働契約上の義務の範囲内に含まれ、業務命令が労働契約に根拠のない作業を命じたものとはいえない
(2) バッジの着用は、職場規律を乱し、職務専念義務に違反するものであるから、Yの取り外し命令及びこれに従わなかったAを点呼執行業務から外した措置には、いずれも合理的な理由がある
(3) 降灰除去作業命令は、Aには運輸管理係としての日常の業務がありことさら命ずべき必然性がなかったのに懲罰的に発せられたものであって、このようにかなりの肉体的、精神的苦痛を伴う作業を懲罰的に行わせることは、業務命令権の濫用であり違法であって不法行為にあたる。

3 最高裁の判決
「原審の前項(3)の、本件各業務命令が違法であってAに対する不法行為にあたるとする判断は、是認することができない。

 前記の事実関係からすると、降灰除去作業は、鹿児島営業所の職場環境を整備して、労務の円滑化、効率化を図るために必要な作業であり、また、その作業内容、作業方法等からしても、社会通念上相当な程度を超える過酷な業務に当たるものともいえず、これがAの労働契約上の義務の範囲内に含まれるものであることは、原判決も判示するとおりである。

 しかも、本件各業務命令は、Aが、Yの取外し命令を無視して、本件バッジを着用したまま点呼執行業務に就くという違反行為を行おうとしたことから、自動車部からの指示に従ってAをその本来の業務から外すこととし、職場規律維持の上で支障が少ないものと考えられる屋外作業である降灰除去作業に従事させることとしたものであり、職場管理上やむを得ない措置ということができ、これが殊更にAに対して不利益を課するという違法、不当な目的でされたものであるとは認められない。

 なお、Yら管理職がAによる作業の状況を監視し、勤務中の他の職員がAに清涼飲料水を渡そうとするのを制止した等の行為も、その管理職としての職責等からして、特に違法あるいは不当視すべきものとも考えられない。
 
 そうすると、本件各業務命令を違法なものとすることは、到底困難なものといわなければならない。」

 

プロフィール

sr.hide

Author:sr.hide
兵庫県・神戸市・三宮で開業の
社会保険労務士の佐伯秀樹と申します。

フラッシュ クロック 「幻の庭。曼珠沙華」

『Chris's Crime』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ

 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク