セミナー報告

セミナー風景

 平成23年10月21日(金)、退職準備の兵庫県雇用開発協会セミナー
 「60歳からの人生設計の描き方~公的制度(年金・雇用・健保)を見据えて働き方を再考!~」
と題してセミナーを開催しました。

 セミナーの内容は、退職準備セミナーですので、退職前のサラリーマンを対象とする内容です。

1.定年からの設計図はできていますか
2.現状の把握
  ①定年後の公的制度(年金・健保・雇用)の現状
  ②ゆとりある老後の生活費はいくらかかるのか?
3.働き方の選択
4.「仕事定年時代」に夢を実現する
5.設計図の作成のすすめ
6.結論

との目次により実施致しました。
定年後、20~30年をいかに納得のいく人生にしていくかの私見です。

定年後、公的制度からどの程度の給付を受けることができ、公的制度にどれくらいのお金がいるのか。
そして、毎日の生活にどれぐらいのお金がかかるのか。
そんな現実の問題をしっかりと、具体的な数字を元にご説明しました。

みなさま、ちょっとがっくりとされた面もあったようです。
そんな現実を踏まえ、そうしたらどうやってこの先を生きていくのか。

厳しい現実と、サラリーマン時代には実現できなかったことを定年という雇用定年を契機に
新たな働き方を提案しました。

年金支給年齢が68歳から70歳に引き上げられるニュースも流れています。
この先、サラリーマンとして雇用され続ける保証はどこにもありません。

一刻も早く、定年に向けて準備が急がれます。
自己実現ができ、さらに収入も伴うそんな人生を作りませんか。
そんなお話でした。

 

プロフィール

sr.hide

Author:sr.hide
兵庫県・神戸市・三宮で開業の
社会保険労務士の佐伯秀樹と申します。

フラッシュ クロック 「幻の庭。曼珠沙華」

『Chris's Crime』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ

 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク